American Journal of Enology and Viticulture
       論文要旨 和訳


 

Volume 60 No.4 (2009)



M.C. Vasconcelos, M. Greven, C.S. Winefield, M.C.T. Trought, and V. Raw: The Flowering Process of Vitis vinifera: A Review. pp. 411-434.
[総説:Vitis viniferaの花芽形成過程]


Vitis viniferaの花芽形成は2シーズンにわたる。巻き ひげと花序は原基または未分化原基として知られて いる共通の起源から発生する。未分化原基の運命は、 サイトカイニン−ジベレリンのバランスに依存して おり、サイトカイニンは花芽形成を促進し、ジベレリ ンはそれを抑制する。高温や光照射は花芽形成の誘導 刺激となる。日長あるいは春化は花芽形成の誘導にあ まり関係ない。陰芽における花序原基の発生は、梢の 周皮が形成されるおよそ1ヶ月前ごろ、2次、3次分枝 が形成した後に止まる。個々の花が分化する前に花序 が更なる分枝を行うとともに、芽は休眠後生育を再開 する。萌芽時期の暖かい気候は更なる花序の分化に適 しており、梢に付く房の数を多くする。一方、この時 期の涼しい気候は、房に付く花の数が多く、梢に付く 房の数が少なくなるように分化させる。環境および栽 培管理もまた、光合成および栄養条件に直接的あるい は間接的に影響を及ぼすことによって、花芽形成に影 響する。樹冠内への光入射を促進する栽培管理は花芽 分化開始に適しており、一方、遮光につながる栽培管 理は花芽分化の開始という点では不利益になる。植物 ホルモンを介した遺伝子の制御下で、花の形成は一連 の連続したステップを通し行われる。第一の遺伝子の 変化は、花芽分裂組織決定遺伝子の活動を通して、異 なった環境および生育シグナルに反応する、栄養成長 から花成への変換スイッチである。第二に、花形態形 成決定遺伝子の活動を通して、花芽原基は各器官の原 基の輪生に模倣される。第三に、花形態形成決定遺伝 子は、異なる花の構造を形成する様々な組織を決定す る下流の効果因子を活性化する。形成された花は両性 花であり、多くは自家受粉されるが、他家受粉も起こ る。受精は雨の多い涼しい気候により妨げられ、乾燥 した暖かい気候により促進される。
[英文要旨原文]


A.K. Mansfield and Z.M. Vickers: Characterization of the Aroma of Red Frontenac Table Wines by Descriptive Analysis. pp. 435-441.
[記述分析によるFrontenac種の赤ワインのアロマの 特性決定]


Frontenac(Vitis spp. MN 1047)は低温耐性の赤ワイ ン用ブドウとして近年導入され、米国中西部の北部地 区で最も多く栽培されている品種である。Frontenacは サクランボ、黒スグリ、プラム、スパイスを主要な香 りとして持つと言われてきたが、多くのFrontenac種の ワインでこのような特徴が知覚されるのかを決定する 共通官能特性の構成的評価が行われていない。これら のワインのアロマを表現するための一連の記述子を開 発するために、市販の6つの製品を用いて、記述分析を 行った。ブドウに共通の特性を調べるため、ミネソタ 州のいろいろなワイナリーから異なる製造法で作られ たワインを集めた。ワインを特徴づける13の記述子を 定義した。相関分析をした結果、これらの特性は分離 し、同じ傾向の物は無かった。13のすべての記述子は Frontenacワインを表現・区別するために有用である。
[英文要旨原文]


R.R. Villamor, J.F. Harbertson, and C.F. Ross: Influence of Tannin Concentration, Storage Temperature, and Time on Chemical and Sensory Properties of Cabernet Sauvignon and Merlot Wines. pp. 442-449.
[Cabernet SauvignonおよびMerlotワインの化学的お よび官能的特性に与えるタンニン濃度、貯蔵温度、お よび貯蔵期間の影響]


Cabernet SauvignonおよびMerlotの若くビン詰めされ たワインの化学的および官能的特性に影響を与えると 考えられる貯蔵条件について試験を行った。低濃度 (400 mg/L以下)および高濃度(800 mg/L以上)のタ ンニン濃度のワインを23℃で0日間を基準として、27℃ または32℃で40、55および70日貯蔵し、化学分析およ び官能分析を行った。低タンニンおよび高タンニンワ インともに、32℃の貯蔵により低分子ポリマー色素 (SPP)が有意に増え(p?0.05)、アントシアニンは終 始減少した。この傾向はCabernet Sauvignonで顕著であ った。両品種とも、高タンニンワインは高分子ポリマ ー色素(LPP)が低タンニンワインより有意に多かっ た(p?0.05)。一般的には、滴定酸度とpHは貯蔵処理 に影響を受けなかった。訓練したパネル(21名)によ り官能試験をした結果、両品種において高タンニンワ インでは収斂みが低タンニンワインより強く、この結 果は一貫して認められた。32℃で70日間貯蔵した場合、 苦味が増加したが、アルコールの焼けるような感覚は 同程度であった。Merlotでは苦味とアルコールの焼け る感覚に有意差は認められなかった。以上の結果より、 貯蔵温度と貯蔵時間は、熟成ワインに特徴的な化合物 の組成に影響を与えるが、収斂みには影響を与えない。 Cabernet Sauvignonではタンニンの濃度は収斂みに正 の相関(r = 0.882)を示したが、SPPやLPPは両品種と も収斂みとの相関は低かった。
[英文要旨原文]


J.F. Harbertson, M.S. Mireles, E.D. Harwood, K.M. Weller, and C.F. Ross: Chemical and Sensory Effects of Saignee, Water Addition, and Extended Maceration on High Brix Must. pp. 450-460.
[高糖度マストに対するセニエ、加水、かもし延長が 化学的および官能的特性に与える影響]


単一圃場から収穫したMerlot(11,209 kg/ha、ワシン トン州コロンビア川地区)(28 Brix)を用いて5つのワ イン醸造法を用いてワインを製造した。(1)高糖度マ ストを補正するために24.3 Brixまで加水(コントロー ル)、(2)26.8 Brixまで加水(高エタノール)、(3)全 量に対して16%までセニエ(果汁除去)後、等量の加 水(最終24.1 Brix)(低セニエ)、(4)低セニエ処理後 20日間のかもし延長(低セニエ-EM)、(5)32%までセ ニエし、24.3 Brixまで加水(高セニエ)。全ての処理は 企業設備の18,972 Lの発酵槽で反復で行った。処理間 でアントシアニン、ポリマー色素(低分子および高分 子)、タンニン、全鉄反応性フェノール化合物の違いが みられた。標準的な加水(control)と低セニエ処理で は同程度のタンニン、アントシアニン、ポリマー色素 の抽出が見られた。アントシアニン、タンニン、高分 子ポリマー色素の抽出量は多量の果汁を除去した区分 (高セニエ)とかもしを延長した区分で有意に増加し た。これらの結果から果皮や種子から抽出されるタン ニンの比率はワイン製造の処理によって異なることが 示された。低セニエ-EMでは、他の処理に比べ種子の 抽出率が上がり、訓練したパネルによる官能検査では、 スムースさに欠け他の処理よりもドライであった。高 エタノールワインはフレッシュな果実香が有意に失わ れ、「熱い」感覚が増加した。
[英文要旨原文]


J.P. Smith and B.P. Holzapfel: Cumulative Responses of Semillon Grapevines to Late Season Perturbation of Carbohydrate Reserve Status. pp. 461-470.
[シーズン後半での炭水化物貯蔵状態の変化に対す るセミヨンの累積反応]


オーストラリア、ニューサウスウェルズの温暖な内 陸部2箇所の4地点において、成熟開始時の摘房あるい は収穫時での完全除葉に対する炭水化物貯蔵、シーズ ン内の成長および次シーズンでの生育を検討した。2 シーズン連続した早期の摘房は、木質部での減少に対 し、根の非構造性炭水化物を増加し、結果として、房 を収穫時まで付けておいた3シーズン目の収量は60% まで増加した。対して、収穫時の除葉は非構造性炭水 化物の濃度を減少させ、除葉処理した次シーズンの収 量は22%、2シーズン後の収量は50%まで減少した。早 期の摘房で得られた高収量は、萌芽から収穫間の炭水 化物貯蔵量の枯渇と相関が認められ、収穫後まで貯蔵 量の回復は起こらなかった。しかしながら、除葉によ る低収量のブドウ樹においては、果実の成熟前に炭水 化物貯蔵量が回復した。これらの結果は、成熟した果 実の炭素要求および収穫後の光同化能は、前シーズン の炭素レベルに対する炭水化物貯蔵量の回復を限定す ることが出来ることを示唆する。試験地点における永 年組織中の非構造性炭水化物量の著しい違いや花芽形 成、栄養成長の状況の相違は、水分欠乏によるものと 思われた。炭水化物貯蔵と果実および梢の生育との相 関関係は、環境要因あるいは栽培要因によりブドウ樹 は乱されると、炭水化物を同化し、貯蔵能により決め られた量まで炭水化物を回復するフィードバック制御 機構が存在することを示唆する。
[英文要旨原文]


R.J. Elias, M.L. Andersen, L.H. Skibsted, and A.L. Waterhouse: Key Factors Affecting Radical Formation in Wine Studied by Spin Trapping and EPR Spectroscopy. pp. 471-476.
[スピントラップおよびEPRスペクトル分析による ワイン中のラジカル生成に影響を与える主要因子決 定]


ワインの非酵素的酸化は官能特性に大きな影響を 与え、従って品質に影響する。長い間ワインの酸化に 関する研究が行われてきたが、ごく最近になって、ワ イン熟成中のラジカル中間体の役割が重要視されるよ うになった。本研究ではフリーラジカルの生成および 抑制に対する種々のワイン成分の影響を検討した。実 際のワインの系で生成する主要なラジカル種に対して、 その生成の検出、定性、影響を与える要因の特定には 電子常磁性共鳴(EPR)スピントラップ法を用いた。 全ての実験及び処理において、1-hydroxyethyl radicalの スピンアダクトだけが検出され、Fenton反応(ヒドロ キシルラジカルの生成とこれに続くエタノールの酸 化)がワインの酸化における主要なルートであること が示唆された。鉄、銅およびこれら両方を赤ワインに 添加した場合、スピンアダクトが著しく増え、極微量 の金属がワインの酸化の触媒に必須であることが示さ れた。亜硫酸を過剰に含む白ワインへカテキンを添加 した場合、ラジカル生成の初期速度は変化しなかった が、実験の後半において助酸化(prooxidative)的であ った。亜硫酸は濃度依存的にラジカル生成を阻害した。
[英文要旨原文]


M.S. Cabeza, M.G. Merin, M.C. Martin, D.C. Sabate, M.C. Audisio, and V.I. Morata de Ambrosini: Effect of a Pectinase-Surfactin Preparation on Extraction of Pigments and Total Polyphenol from Malbec Grape Skins. pp. 477-483.
[Malbecブドウ果皮からの色素および全ポリフェノ ール抽出におけるペクチナーゼ- Surfactin処理の影 響]


Malbecブドウ果皮の短時間かもし期間中に、Bacillus sp. SC-H由来のペクチナーゼを作用させ、アントシア ニン類、他の色素類、全ポリフェノール類を抽出した 場合について、Bacillus subtilis C4由来のsurfactinの添加 効果を調べた。発酵前抽出として、エタノールを含ま ない抽出液で、果肉および種子を含まない果皮を2時間 抽出した。色調は三刺激比色分析計、従来のインデッ クス(カラーインデックス、色調、全ポリフェノール 濃度)とHPLCによるアントシアニン類の分析で測定 した。カラーインデックスは通常の分析では2.878 ± 0.281であったが、ペクチナーゼに0.095% surfactinを加 えた場合5.500 ± 0.107へ、ペクチナーゼに0.286% surfactinを加えた場合は6.036 ± 1.013へと増加した。全 ポリフェノール濃度は、通常の抽出では555.77 ± 5.00 mg GAE/Lであったが、前述の条件ではそれぞれ769.71 ± 38.21 mg GAE/Lと769.05 ± 8.40 mg GAE/Lへと増加し た。アントシアニン関連物質(特に赤ワインの色を決 定する主要な色素であるmalvidin誘導体)はブドウ果 皮から速やかに遊離した。酵素処理および酵素処理+ surfactin 処理により、Malvidin-3-glucosideは10%およ び15%、malvidin-3-acetyl-glucosideはそれぞれ21%およ び29%、それぞれ増加した。色差計の分析では、赤色 色素は通常の抽出より向上し、抽出液は濃く、より鮮 明な色調となり、surfactin濃度が高い場合に最高値とな った。ブドウ果皮の短期抽出の場合、酵素とsurfactin の同時使用は、インデックスとアントシアニン濃度を 促進した。しかし、全果粒やワイン製造条件での効果 についても実験する必要がある。ワイン製造のための 新規な技術として、赤ワインのかもしにおけるペクチ ナーゼ- surfactin複合使用を提唱するには、さらに実験 が必要である。
[英文要旨原文]


A. Nogales, J. Luque, V. Estaun, A. Camprubi, F. Garcia-Figueres, and C. Calvet: Differential Growth of Mycorrhizal Field-Inoculated Grapevine Rootstocks in Two Replant Soils. pp. 484-489.
[連作土壌2箇所における菌根菌接種ブドウ台木の異 なる成長]


スペイン北東部の地中海近辺の連作土壌2箇所にお いて、カベルネ・ソーヴィニヨンを接ぎ木した台木 161-49 Couderc (Vitis riparia Michx.×Vitis berlandieri Planch.) および140 Ruggeri (Vitis rupestris L. × V. berlandieri)の菌根菌接種の評価を行った。1番目の土壌 (ブドウ畑1)は10年間鋤き込みを行ってきた。2番目 の土壌(ブドウ畑2)は新しい植栽の前に1年間栽培さ れ、ならたけ病Armillaria mellea (Vahl:Fr.) P. Kummに 犯されていた。植栽の前に土壌に存在する菌根菌の数 は、ブドウ畑1で土壌100 mL中1であり、ブドウ畑2で は検出されなかった。各台木の半分のブドウ樹にアー バスキュラー菌根菌Glomus intraradices Schenck and Smith (BEG 72)を接種した。ブドウ畑2において、G. intraradicesがコロニー形成を行うThymus vulgaris L(. タ イム)およびLavandula officinalis Mill.(ラベンダー) を2列植える前に、菌根菌を土壌にも接種した。ブドウ 畑1の140 Ruggeriの生育には、植栽後19ヵ月経った2年 目の生育シーズン末に直接土壌接種による有益な影響 が認められた。接種を行った161-49 Coudercのバイオマ スはブドウ畑2で増加したが、ブドウ畑1では増加しな かった。菌根菌を有する植物を先に植栽することによ り、連作土壌の菌根菌の能力は高まった。アーバスキ ュラー菌根菌接種に対するブドウ樹の反応は、ブドウ 畑の内在的状態や、台木の種類、植栽後の期間によっ て影響を受けるようである。
[英文要旨原文]


K. Fujita, M. Shimazaki, T. Furiya, T. Takayanagi, and S. Suzuki: Genetic Variation among Koshu (Vitis vinifera L.) Accessions Generated by Retrotransposon Insertion into Genome. pp. 490-496.
[ゲノム内へのレトロトランスポゾン挿入により生 じた甲州ブドウ樹間の遺伝的相違]


甲州ブドウは日本に土着した品種であり、日本では 白ワイン醸造用品種として栽培される。収量、果実形 質、形態的特徴、そして遺伝的相違による甲州ブドウ 樹の分類は機能的になされていない。我々は、栽培地 の異なる甲州ブドウ樹間に遺伝的相違が存在すること をここに報告する。inter-retrotransposon amplified polymorphism(IRAP)法のため、8種類のレトロエレ メントを選択し、16種のレトロトランスポゾン特異的 PCRプライマーを作製した。136のプライマー組み合わ せにより、731のPCR増幅バンドを得た。そのうち、24 のプライマー組み合わせから増幅された35のPCR増幅 バンドで甲州ブドウ樹間に差が認められた。同じブド ウ樹から継いだブドウ樹では、そのような差は認めら れなかった。この方法により得られたPCR増幅バンド パターンを解析した結果、調査した甲州ブドウ樹は3 つの遺伝的グループに分類されるようであった。この 結果は、甲州ブドウ樹間には遺伝的な違いが存在し、 その相違はゲノム内のレトロトランスポゾン挿入の違 いにより生じることを示している。
[英文要旨原文]


J.R. Urbez-Torres, P. Adams, J. Kamas, and W.D. Gubler: Identification, Incidence, and Pathogenicity of Fungal Species Associated with Grapevine Dieback in Texas. pp. 497-507.
[テキサスで確認されたブドウ立ち枯れ病と相関す るカビの同定、発生率および病原性]


ブドウの胴枯れおよび立ち枯れはテキサスのブド ウ畑でよく確認される。しかし、テキサスでブドウの 胴枯れを引き起こす病原体の同定報告はなされていな い。2007年から2008年の間に、テキサスの45のブドウ 畑から胴枯れの初期症状を示す試料を回収し、カビの 同定を行った。Lasiodiplodia theobromae、Botryosphaeria dothidea、Neofusicoccum parvum、Diplodia seriata、 Diplodia corticola、Phomopsis viticola、Eutypella vitis、 Diatrypella sp.、Truncatella sp.、Pestalotiopsis uvicola、 Pestalotiopsis sp.の11種のカビがブドウ胴枯れ病を示す 試料から分離され、形態的特徴およびリボゾーマル DNA配列(ITS1-5.8S-ITS2領域)から同定された。 Botryosphaeriaceae spp.はテキサスのブドウ立ち枯れか ら最も分離されたカビであり、次はPestalotiopsis spp.、 P. viticola、Diatrypaceae spp.であった。実験室の条件下 において、レッドグローブ、カベルネ・ソーヴィニヨ ンのリグニン化した梢にカビを接種することにより、 すべての種の病原性を検定した。L. theobromaeおよび N. parvumは、維管束に形成された壊死部分の大きさお よび再分離率にもとづき、最も病原性が高かいと判断 された。L. theobromaeおよびN. parvumの病原性に次ぐ P. viticolaは成熟した梢内でコロニー形成を行い、維管 束の壊死を引き起こした。E. vitisおよびDiatrypella sp. もまた少なくともブドウ樹に対する病原性を有してい た。これらすべての種はテキサスのブドウでは新しく 報告された病原菌である。さらに、ブドウ樹とD. corticolaの関係も報告する。
[英文要旨原文]


B. Bach, F.X. Sauvage, S. Dequin, and C. Camarasa: Role of γ-Aminobutyric Acid as a Source of Nitrogen and Succinate in Wine. pp. 508-516.
[ワインの窒素およびコハク酸源としてのγ-アミノ酪 酸(GABA)の役割]


Saccharomyces cerevisiaeは非タンパク性のアミノ酸 であり、ブドウ果汁中に存在する窒素源の一つである γ-アミノ酪酸(GABA)を資化することが可能である。 ワイン製造における酵母の発酵機序および副生成物生 成の観点から本アミノ酸の効果について研究した。 GABAのマスト中の濃度は、ブドウの品種差、年、地 理的な違いにより、2〜580 mg/Lの違いがある。γ-アミ ノ酸濃度は、果汁中の資化性窒素の20%以上になると 考えられる。市販のワイン酵母は、ワイン発酵の際、 外因性のGABAを資化する能力を十分に有している。 窒素が律速になる場合は、γ-アミノ酸の資化率は酵母 の成長、発酵速度、グリセロールの生成に伴って増加 した。本結果より、マストの窒素含量とは関係なく、 GABAはワインのコハク酸源となることが示された。 発酵中、コハク酸は還元的および酸化的なTCA回路に より糖から主として生産される。GABAからのコハク 酸の生成率は、酵母の遺伝的機能により0.75〜1 molコ ハク酸/mol GABAであった。ブドウ果汁中の初期濃度 に依存し、50%以上のコハク酸がGABA由来と考えら れた。この結果は、GABAの代謝に関する新規な知見 を与えるものであり、ワインの酸度の制御性を向上さ せる可能性がある。
[英文要旨原文]


P.C.S. Leao, S. Riaz, R. Graziani, G.S. Dangl, S.Y. Motoike, and M.A. Walker: Characterization of a Brazilian Grape Germplasm Collection Using Microsatellite Markers. pp. 517-524.
[マイクロサテライトマーカーを用いたブラジルの ブドウ生殖質コレクションの特徴]


7つのSSR遺伝子座、VVS2、VVMD5、VVMD7、 VVMD27、VVMD31、VrZAG62およびVrZAG79を用 いて、ブラジルのEmbrapa Semi-Aridoで保存している 221のブドウ生殖質コレクションを検定した。これらの うち、187のブドウは3つのグループに分類できる対立 遺伝子座を持っていた。グループ1は、正確に同定でき る86のブドウから構成されていた。グループ2は正確に は明らかではないが、参考とする品種に適合した30の ブドウから構成された。グループ3は、如何なる参考品 種にも適合しない71のブドウから構成された。グルー プ3は、国際的に有効な参考品種に適合しない11のブド ウと、参考となるものが存在しない60のブドウから構 成された。グループ3のSSR遺伝子座は、参考品種とし て役に立つかもしれない。グループ3に属する19のブド ウで報告されている親品種のSSR遺伝子座を検討した 結果、6つのブドウは正しいことが確認された。これら の結果は、重要なブラジル品種のグループ確認用とし て、今後役に立つであろう。
[英文要旨原文]


A.M. Vargas, M.T. de Andres, J. Borrego, and J. Ibanez: Pedigrees of Fifty Table-Grape Cultivars. pp. 525-532.
[テーブルブドウ50品種の系統]


優れたテーブルブドウの起源に関する情報は育種 を行う上で必要である。25個の核マイクロサテライト 遺伝子座と5個の葉緑体マイクロサテライト遺伝子座 にもとづき、テーブルブドウの親子鑑定を行った。50 品種の系統関係を分析し、必要ならば、形態学的分析 も行った。葉緑体遺伝子座は大半の交雑を明らかにで きた一方、尤度比は推定された交雑において高い信頼 性を示した。19の新しい系統、例えばCirce、Imperial Roja、Misket Vratchanskii、Mistress Hall、Pizzutello Nero は、高く隔離された地理的条件から品種として提案さ れている。Delizia di Vaprio、Madeleine Angevineを含む 以前に報告された13品種の系統内では、間違いも確認 された。これら13品種の片親もまた同定された。残り の18品種では、以前提唱された系統関係が確認された。 Muscat of Alexandria、Afus Ali、Muscat Hamburg、 Chasselasはこれらの50品種の中で最も頻出する親であ った。
[英文要旨原文]


RESEARCH NOTE:
M.W. Fidelibus, L.P. Christensen, D.A. Golino, N.L. Sweet, and K.A. Cathline: Yield Components and Fruit Composition of Five Barbera Grapevine Selections in the San Joaquin Valley, California. pp. 533-536.
[カリフォルニア州サンホアキンバレーにおける5つ のバルベーラ系統の収量構成要素および果実成分]


カリフォルニア州フレスノにおいて、カリフォルニ ア大学デイビス校Foundation Plant Services(FPS)から 提供されたバルベーラ(Vitis vinifera)系統の評価を行 った。2000年夏に、バルベーラ系統FRP02、FRP03、 FRP04、FRP05、FRP06のポッド苗木を植栽し、2003 年から2006年までの間、果実収量と成分を年次ごとに 分析した。FRP02は果実成分、収量構成要素という点 では、他の系統と同じであったが、果粒重量は他の系 統に比べ、10-25%重かった。FRP02の大きな果粒は房 をコンパクトにした一方で、白かび病の発生率が他の 系統に比べ2から3倍高くなる年もあった。FRP02、 FRP05は同じ親木から得られたものであり、同じよう な分析結果であった。それら系統の果実成分は他の系 統とも類似していたが、試験した系統の中で最も収量 が高く、白かび病に対する感受性も中程度であった。 FRP04は、試験を行った4年間のうち2年間で収量が低 かったことを除けば、FRP03、FRP05と同様な分析結 果を示した。FRP06は全く異なっており、早熟、小さ い果粒、低収量、剪定枝量比での収量の低さ、白かび 病に対する低感受性を示した。
[英文要旨原文]


RESEARCH NOTE:
M.S. Dahabieh, J.I. Husnik, and H.J.J. van Vuuren: Functional Expression of the DUR3 Gene in a Wine Yeast Strain to Minimize Ethyl Carbamate in Chardonnay Wine. pp. 537-541.
[シャルドネワインにおいてEthyl Carbamate(EC) 生成を抑制するためのワイン酵母株のDUR3遺伝子の 機能発現]


アルコール発酵中、Saccharomyces cerevisiaeはアルギ ニンをオルニチンと尿素へ代謝する。尿素はワイン酵 母により代謝可能であるが、ブドウマスト中に良い窒 素源があれば、尿素の取り込みおよび代謝のための遺 伝子の転写抑制がかかる。結果として、尿素は細胞外 に排出され、ワイン中のエタノールと反応し、発がん 性のEC を生成する。ワイン酵母UC Davis 522 (Montrachet)のDUR1,2遺伝子を構成的に発現すると、 シャルドネワイン中でのEC濃度を89%減少させる。非 尿素分解性酵母によって発酵中のブドウマストに分泌 される尿素を再吸着するために、S. cerevisiae PGK1の プロモーターと終結シグナルによる制御化でDUR3遺 伝子を構成発現させ、このカセットをS. cerevisiae株522 のTRP1座に組込んだ。尿素取込み株522DUR3はシャル ドネワインにおいてECを81%下げ、高濃度尿素含有マ ストにおいて、尿素分解型株22DUR1,2の約4倍効果的に ECを削減した。
[英文要旨原文]


TECHNICAL BRIEF:
M.D. Wheatley, E.A.R. Tattersall, R.L. Tillett, and G.R. Cramer: An Expanded Clay Pebble, Continuous Recirculating Drip System for Viable Long-Term Hydroponic Grapevine Culture. pp. 542-549.
[長期生存可能なブドウ水耕栽培のためのハイドロ ボールおよび循環型灌水システム]


通気溶液栽培で1ヵ月以上ブドウ樹を栽培した結果、 栄養欠乏症状が認められた。溶液中の病原体あるいは 栄養分濃度に関する問題を取り除いた後、我々は、酸 素の拡散が限られているために、根が低酸素状態に陥 ると仮説を立てた。正確な栄養分調整、水ポテンシャ ル、十分に排水される土壌を提供可能な循環型灌水シ ステムを設計した。循環型灌水システムで37日間栽培 したカベルネ・ソーヴィニヨン2年苗は生育旺盛であり、 健全であった。対して、通気溶液栽培で育てたブドウ 樹は元気がなく、葉に栄養欠乏症状と根の劣変が認め られた。通気溶液栽培の光合成、光化学系IIの機能、 気孔伝導度は、循環型灌水システムに比べ減少した。 低酸素状態で誘導される2 つの遺伝子、alcohol dehydrogenase IIおよびa-amylaseの転写産物量は、通気 溶液栽培で6日後にゆっくりと上昇したが、循環型灌水 システムではこれら遺伝子産物量の増加は認められな かった。これらの結果は、木質の根を持つ成熟したブ ドウ樹は、通気溶液栽培ではゆっくりと且つ慢性的に 低酸素ストレスを受けることを示唆する。対して、循 環型灌水システムで育てられたブドウ樹には低酸素症 状は認められなかった。このように、循環型灌水シス テムはグリーンハウス内でブドウ樹を長期的に栽培す るためのシステムであり、十分に排水される土壌によ く似た条件で、非生物的ストレス負荷試験や根のサン プリングが容易であるという優位性を有している。
[英文要旨原文]




一覧へ戻る

ホームへ戻る